教育と地域社会はどう連携すべきか

今度の新学習指導要領によれば、社会に開かれた教育課程で子ども達を学ばせるべきだと言われています。
この教育課程は、教科横断的であり、地域社会の教育素材と連携して行うものであり、よりよい教育でよりよい社会を創るものです。
社会にある施設や働く人々が教育の場や講師を担い行う教育で子どもを育成すれば、より良い社会を創る担い手となれるというものです。
確かに、教科書を使って一定の教師が授業を行う実践には限界があり、この変化の激しい予測不能な時代には太刀打ちできないのかも知れません。
少し昔に社会教育と学校が連携することを学社融合と言った時代がありました。
今は、そのレベルも超えて、子ども達にどれだけの体験的な学習メニューを用意できるか、真剣な議論をして取り組む時代になってきているのかも知れません。
子ども達の未来は、大人の未来でもあります。
未来の担い手を育てる責任は、社会全体にあります。
知恵をしぼった面白い学習のスタイルが生まれそうです。