乳幼児期の習い事や教育について

最近は、0歳の赤ちゃんや、それより前の、お母さんのお腹の中にいる時も、積極的に話しかけたり、音楽を流したりして、赤ちゃんの脳や心に心地よさや、教育を届けたりします。
お腹にいる時から、赤ちゃんは外の音を聞いていて、クラシックや童謡、オルゴールなど、ゆったりした音楽を聞くと、お母さんもリラックスして、赤ちゃんも心地よいそうです。
産まれてからは、子供は3歳までに大抵の脳が発達するとされ、それまでに色々な体験をさせるのもまた良いそうです。
音楽に触れたり、色んなオモチャや本に触れたり、自然に触れたり、手や足、耳や匂い、五感を刺激していくそうです。
また、上に兄弟のいる子供は、近くに上の子がいるのも良い刺激になり、それが言葉の発達や、脳の発達にもつながります。
実際、上の子の習い事に付いて行って、下の子の方が夢中になり、上手になるという話もよくあります。
それだけ小さいうちから色んな経験をすることは、ものごとの上達発達にもつながります。